協会の概要

設立趣旨

産業廃棄物処理業者は,生活環境を守り,廃棄物を適正に処理するという重大な責務を背負っています。
特に滋賀県は県民の生活の源であるびわ湖の環境を守り,育てていくという大きな使命をもっており,産業廃棄物の処理は他府県に比べより厳しく適正処理されなければいけません。
このため,産業廃棄物の収集・運搬,中間処理,最終処理の各過程において適正処理を行うことは,環境を保全するという社会的な責務を担っている私達産業廃棄物処理業者にとって,その果すべき役割は非常に重要であります。
また,産業廃棄物は,多大な資源とエネルギーが投入されたものであり,その資源化,再生利用は最終処分場の確保が困難な県域における緊急の課題であります。
しかしながら,産業廃棄物処理業者は企業規模が零細なものが多く,産業廃棄物の適正処理,資源化,再生利用のための技術,情報も十分に有しておりません。
個々の企業独自でこれらの社会的課題に取り組むには困難な面が多いのが実情です。
このため,私たちは昭和63年10月に任意団体として滋賀県産業廃棄物協処理協会を発足させましたが,平成元年滋賀県知事より社団法人滋賀県産業廃棄物協会として法人化が許可されました。
社団法人滋賀県産業廃棄物協会は,産業廃棄物を適正に処理できる体制の整備が必要であることの認識に立って,産業廃棄物処理業者が相互に連携を深めながら,産業廃棄物の適正処理,資源化,再生利用に努めるとともに,各種の調査研究,情報の収集と処理技術の向上を図ることにしております。
また,美しい湖国の環境保全を守るため,不法投棄防止をはじめとした各種の啓発活動を行います。
これらの活動を通じて,滋賀県民の福祉向上に寄与することえを目的とするものであります。

組織概要

組織名 一般社団法人 滋賀県産業廃棄物協会
事務局所在地 〒520-0051
滋賀県大津市梅林一丁目3-30(こうぜんビル2階)
電話番号:077-521-2550 / FAX:077-521-6999
協会の目的 産業廃棄物を主体とする廃棄物の適正な処理を青く新することにより,公衆衛生の向上及び生活環境の保全並びに産業の健全な発展を図り,もって公共の福祉の増進に寄与することを目的としています。
事業内容
  1. 産業廃棄物の適正な処理に関する技術開発
  2. 産業廃棄物の有効利用促進に関する事業
  3. 産業廃棄物の適正処理に関する県民意識の啓発事業
  4. 産業廃棄物の適正な処理についての自主点検事業
  5. 産業廃棄物の適正な処理に関する各種の調査並びに情報の収集及び提供
  6. 滋賀県等が行う研修及び講習会の受託事業
  7. 産業廃棄物の適正処理に関する社団法人全国産業廃棄物連合会からの受託事業
  8. 会員の福利厚生に関する事業
  9. その他この法人の目的を達成するに必要な事業
会員 正会員(処理業者)
賛助会員(排出業所)
特別会員(市,町村)
役員 理事10名(会長,副会長,専務理事を含む)
監事2名
部会 青年部
支部 湖南・湖西支部
(大津市,草津市,守山市,栗東市、野洲市、湖南市、高島市)

湖東・湖北支部
(彦根市,近江八幡市,東近江市,蒲生郡,愛知郡,犬上郡,長浜市,米原市)

組織図

サブコンテンツ

電子マニフェスト
早わかりムービー

マニフェストの購入

  • マニフェストを購入申込書ダウンロード
    • マニフェスト
    • ●「マニフェスト」は、標準版「マニフェスト」を協会でお求めください。
    • ●「マニフェスト」は,産業廃棄物の適正処理の第一歩。
      紙マニフェスト(産業廃棄物、建設系廃棄物)は、協会でお求めください。
    • 「電子マニフェスト(JWNET)」加入・活用につとめましょう。 「JWNET」への加入申込みと問い合わせは、協会までご連絡ください

マニフェスト出版物のご案内

  • ③マニフェストシステムがよくわかる本(H25年版)

    マニフェストシステムがよくわかる本(H25年版)画像

    価格:  円(税込)

  • ④建設系廃棄物マニフェストのしくみ(H24年9月改訂)

    建設系廃棄物マニフェストのしくみ(H24年9月改訂)画像

    価格:  円(税込)

  • ⑤電子マニフェストシステムガイドブック(H24/8)

    電子マニフェストシステムガイドブック(H24/8)画像

    価格:  円(税込)


お知らせ

このページの先頭へ